八卦

1. 乾(けん) -易経・八卦-

2020年8月17日

乾(けん)について

キーポイント

☰(乾・けん)は三爻すべてが陽、全陽の卦です。自然に当てはめると「天」であり、人に例えると「王」と言えます。

 

性質

天は休みなく活動して止まないものであり、健全であり剛健の性質を持ちます。

 

象意・関連ワード

神、純粋、正、長、上、高い、道、激しい

 

乾の占考

方位(後天八卦図)

西北

 

十干・十二支・九星

十干:庚、辛

十二支:戌・亥

九星:六白金星

 

天象

晴れ

 

季節

晩秋から初冬

 

時間

午後7時から午後11時

 

人物

王、君主、英雄、支配者、独裁者、大統領、首相、社長、上長、師匠、紳士、祖父、父

 

性格

向上、強情、強欲、傲慢、積極的、独占

 

人体

頭、首、胸、肺、心臓、骨、睾丸

 

動物

龍、馬、虎、獅子

 

事物

金、銀、宝石、貴金属、秘宝、高級品、飛行機、機関車、時計、証券、神仏具

 

場所

皇宮、神社、仏閣、教会、聖地、大都会、中心地、高級住宅地、博物館、美術館、運動場、銀行、高台、平原、大海

 

状態

神々しい、気高い、完全な、立派な、欠陥のない、円い、固い、手の届かない、高い、古い

 

易数:一

五行(金):四、九

 

白、金

 

物価

高騰、最高値(すぐに下落)

 

病気

頭部の疾患、胸部・心臓の疾患、骨の疾患(乾は骨、坤は肉)、食道疾患、腫物・がん、精神病、大熱

 

病勢

進行が早い、病気の初期症状

 

(参考:鹿島秀峰「現代易占詳解」ほか)

 

  • この記事を書いた人

しんのすけ

1986年、愛知生まれ。アメリカの大学卒業。金融危機下でなんとか就職するも、会社の歯車として働くことに疑問を感じていた。その後「やりたいことをやる」という信念のもと、現在に至るまで7社5職種+独立・起業のキャリアを経験。プライベートでは易学の研究や中国語の勉強も。台湾が大好き。

-八卦
-,

© 2022 四方都好 -四方よし-