六十四卦

20. 風地観(ふうちかん) -易経・六十四卦-

2020年9月29日

キーポイント

上の二陽は下を見ており、下の四陰は上を伺い見ています。

互いに観察し合い、自分の行動をどうするか考えている時です。

観の卦は陰が下から進んできて衰退の時でもあります。

「どちらを選ぶか」と迷いが生じますが、欲を取り除いた上で良く考えて決めること。

 

風地観(ふうちかん)について

卦辞(風地観の概要)

観は、盥(かん)して薦せず孚(まこと)あって顒若(ぎょうじゃく)たり。

丁寧に手を洗って、軽々しく供物を捧げない。そうした神々への信心あれば、下々の人々は敬意をもって仰ぎ見るだろう。

 

六十四卦における配列(序卦伝)

臨とは大なり。物大にして然る後に観(み)るべし。故にこれを受くるに観(かん)をもってす。

(地沢臨による)臨は大きなものである。大きければ大きいほどよく見える。ゆえにこれを受けるに観をもって表す。

 

風地観の占考

関連ワード

観察、静観、教育、信仰、学術・芸術の発展。

 

運勢

精神的なことなどの目に見えない面で吉あり。

逆に物質的なことなど具体的な面では望みは薄い。

祭祀や信仰に関わることがある時。

 

願望

教育、学問、芸術の望みは叶う。

品行を正しくして、私利私欲に走らないこと。

 

恋愛・関係

お互いに伺い見ているままため、親和は得られない。

一度、交友を厚くすると良い。

 

結婚

考えすぎてまとまらない。

時間を掛けても良いので、停滞しないよう着実に進めること。

 

性格

大人しすぎて引っ込みがち。

決断力乏しく迷うことが多い。

プライドが高く保守的な人。

 

事業・方策

外見は良いが、内面の事情が悪い。

他人から見本とされるような体制を整えると良い。

 

住居

新築・増改築・移転は見合わせるのが良い。

 

相場

動きとしては小幅。

高値圏にあるときは、そのまま維持することが多い。

 

旅行

精神的にリフレッシュするような旅が特に吉。

旅先での盗難には注意。

 

病気

高血圧、肩こり、背中の痛み、頭痛、食欲不振、流行り病、風邪など。

表面上は軽く見えるが、実際は重症なことが多い。重病は命の危険あり。

 

風地観の爻辞

※爻は下から数え、九は陽・六は陰を表す
 (例えば「初九」は一番下の陽の爻のこと)

初六

童(どう)観す。小人は咎(とが)なし。君子は吝(りん)。

(童子が見るように、力が弱くて遠く先まで見通せない。身近なものしか見られないというのは、庶民であれば咎めはない。ただし、上に立つ人ならば恥をかくだろう。)

→ 知識や見識が幼稚であるため、努力や研鑽が必要。日常の小事に支障はないが、大きな事をするときは成就しない。

 

六二

闚(き)観す。女貞(じょてい)に利あり。

(門からのぞき見る。門の外に出ないのは女として正道であり、利がある。)

→ 感情や好き嫌いで判断すると信用を落とす。公明正大な考え方で理知的に判断すること。外部で事を起こすより、内部を充実させる時。

 

六三

我が生を観て進退す。

(自分で自分の行く末を見定めて進退する。)

→ 過去の反省をし、未来の推測しながら慎重に進退を決める時。よく検討した上で大局を見て行動に移すこと。

 

六四

国の光を観る。用(もっ)て王に賓(ひん)たるに利あり

(輝くような徳のある国を見たのなら、その国の王に仕えると利益がある。)

→ 目上との関係を良くして、信頼を得る時。具体的な成果は得られないが、精神的な喜びが得られる。

 

九五

我が生を観る。君子なるときは咎(とが)なし。

(自分のいつもの行いをよく振り返って見るべきである。その行いが君主として恥ずかしくないものであれば咎めはない。)

→ 地位や環境に恵まれているが、その立場にあることをよく反省自戒すべき時。部下から信頼される振る舞いをしていなければ、今の地位を失うことになる。これまでの成果を奢らないこと。

 

上九

その生を観る。君子なるときは咎(とが)なし。

(民から自分の行いを見られている。その行いが君主として恥ずかしくないものであれば咎めはない。)

→ 地位や環境に恵まれているが、実利はない。それでも責任を負う立場にある。いつも周囲に見られているため安心できない。神仏を祭祀すると吉。

 

(参考:鹿島秀峰「現代易占詳解」、本田濟「易」ほか)

  • この記事を書いた人

しんのすけ

1986年、愛知生まれ。アメリカの大学卒業。金融危機下でなんとか就職するも、会社の歯車として働くことに疑問を感じていた。その後「やりたいことをやる」という信念のもと、現在に至るまで7社5職種+独立・起業のキャリアを経験。プライベートでは易学の研究や中国語の勉強も。台湾が大好き。

-六十四卦
-,

© 2022 四方都好 -四方よし-